LP ガス販売・工事一式 カワセガス株式会社

LP ガス販売・工事一式 カワセガス株式会社

059-345-1504
【本社】四日市市海山道町3-9
【鈴鹿店】鈴鹿市須賀1-18-24
TEL 059-383-3385

7つの安全業務と定期点検

7つの安全業務

我々LPガス販売店は、お客さまの安全・安心を守るために次に記載する「定期点検」を含めて、 以下の7つの保安業務を行うことが義務付けられています。 この保安業務はお客様のお住いの地域などによって、当店のスタッフでおこなう場合と、 当店が委託する保安機関が行う場合があります。

  1. 供給開始時点検・調査
    LPガスの供給を開始するときに設備の点検や調査をおこないます。
  2. 容器交換時等供給設備点検
    容器設置状況・圧力調整器、バルブ、供給管などの点検をおこないます。
  3. 定期供給設備点検(4年に1回、設備によって6か月、1年、2年に1回)
    供給設備のガス漏れ試験などをおこないます。
  4. 定期消費設備調査(4年に1回、地下配管等に係る供給管は1年に1回)
    ガス器具や給排気設備、ホース、配管などの消費設備の調査をおこないます
  5. 周知(供給開始時および2年に1回、設備によって1年に1回)
    定期的にLPガスの使用上の注意などを記載したパンフレット等(周知文)を配布します。
  6. 緊急時対応
    お客様から災害発生やガス漏れなど緊急の連絡を受けたときに迅速かつ適切な措置を行います。
  7. 緊急時連絡
    お客様から災害発生などの連絡に対して適切な指示・助言を行います。

定期点検について

定期点検のお願い
ガス供給事業者はお客さまのガスご使用の安全確保のためガス設備について、法令(お客さまへのLPガスの供給の方法によって「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(液化石油ガス法)」または「ガス事業法」)に従い、4年に一度、定期点検をさせていただいております。この定期点検は無料です。当社は定期点検業務は、保安認定機関である東液供給センターに業務委託しております。 この定期点検は当店が無料で行います。 点検では、供給設備、及び消費設備のガス漏れ試験、ガス器具や給排気設備の調査などをおこないます。その際にもし、継続してご使用されて危険であると考えられるガス機器・ガス配管があった場合には、ガスのご使用の停止または取替えのご案内をさせていただくことがございます。
点検日が近づいてきたら
日程調整のため当店の保安業務委託先検査機関である東液供給センターの点検員から、直接お電話またはご訪問させて頂きます。もしご不在の際は「不在のお知らせ」を投函させて頂く場合がございます。「不在のお知らせ」が投函されていた場合はお手数ですがご案内用紙に記載の電話番号までご連絡ください。 点検当日は、法令に従いお客さまにお立ち会いをお願いすることとなります。当店業務委託の東液供給センターの点検員は、全て写真入りの社員証を携帯しております。これらの点検員が、室内にお邪魔をして点検作業を実施させて頂きますのでお願いいたします。
定期点検が出来ない場合 (液化石油ガス法に基づくお客さま)
平成28年6月8日の法改正で、3回訪問しお客様にお会い出来ず、連絡がつかない時は調査完了となる様になりました。次回4年後までこちらから調査訪問にお伺いする事はございませんが、お客様からご連絡いただけましたら、点検させていただきます。点検費用は無料です。安全確保の観点からご協力宜しくお願いします。

安全にLPガスをお使い頂くため、何卒ご理解・ご協力を賜りますようお願い致します。

LPガスと安全

直接お客さまが取り扱われることは少ないのですが、数多くの安全機器でお客様の安全を確保しております。 積極的な技術開発で多くの安全機器が実用化され、お客様の安心・安全に貢献しています。

ご家庭の主な安全機器

ガスメーター(マイコンメーター)
地震災害時やガス漏れ・長時間使用などのガスの異常流量を感知すると、 自動的にガスの供給をしゃ断します。お客さま全戸のガスメーターには 安全機能が内蔵されています。(一部 他の安全機器にてマイコンメーター の機能並に対応している物件もあります。)
圧力調整器(ガスメーター周辺)
ガスの圧力を都度調整し、またコンロなどの燃焼機器へガスを安定した 状態で届けます。
燃焼器用ホース(左)・金属フレキシブルホース(右)
地震にも強く丈夫でしなやかなホース。ガス栓と燃焼機器を接続しています。
ヒューズガス栓
コンロ・炊飯器など、燃焼機器近くにあるガス栓。 もし誤ってホースが抜けても、ただちに内部のヒューズがガスの流出を ストップします。
ガスコンセント
非常に便利で安全なガス栓。 つまみがなくホース脱着のみでガスの使用・不使用ができる 。
CO・火災・ガス漏れ警報器
火災発生時による熱や煙など、一酸化炭素(CO)、あるいはガス漏れなどを 感知し、音声やブザーなど警告音を鳴らします。ガスメーターと連動してガス の供給をしゃ断するものもあります。

お客さまが直接取り扱われることの多いガス機器(Siセンサーコンロなど)にも、さまざまな安全機能が備わっています。

長期使用製品安全点検制度

ガス機器や電気製品など古くなると製品の経年劣化を主因した重大な事故をおこしたり、場合によっては火災や死亡事故を起こす恐れがあります。平成21年4月1日に施行された「長期使用製品安全点検制度」では、消費者による点検そのほかの保守への適切な支援、重大事故発生の未然の防止を目的として、事業者および所有者に以下のような義務・責務が課されます。これにより、より安全かつ長期的にガス機器をお使いいただけるようになりました。

経年劣化により特に重大な危害を及ぼす恐れの多い品目を「特定保守製品」と定義し、点検制度が設けられています。

長期使用製品安全点検制度の概要

製品所有者の責務

特定保守製品(屋内式ガス瞬間湯沸器、屋内式ガスバーナー付ふろがまなど)を購入した場合、所有者は「同梱の所有者票を返送してユーザー登録を行う責務」が定められています。登録情報は、点検の通知だけでなく、製品の重大な不具合(リコール)のお知らせなどにも使用されますので、ご協力をお願いいたします。

家庭用業務用施設の保安業務

LPガス販売店には法定の7つの「保安業務」が課されております。定期点検へのお立会いなど、お客さまのご協力をお願い申し上げます。 詳しくは、定期保安点検へご協力のお願いをご覧ください。

LPガスご使用の注意点

LPガスを正しく安全にご利用頂くために、以下の注意点をよくお読みください。

換気に関するお願い

ガスストーブや小型湯沸かし器など、ガス機器の使用中は、必ず換気をしてください。 換気が不十分だと不完全燃焼による一酸化炭素による中毒や死亡事故に繋がる場合があります ガスストーブをご使用になるときは、必ず30分に1回程度窓を開けて換気してください。

小型湯沸かし器のご使用の場合は換気扇を回すか必ず窓を開けて換気を行ってください。 ただし、同室で屋内設置の排気筒(煙突)式風呂釜をご使用の場合は、換気扇を回さないでください。 場合により、風呂釜の排気を逆流させることもあります。小型湯沸かし器をご使用中に、もし火が消えてしまった時はただちにご使用を中止してください。 使用中に燃焼停止したとき、一酸化炭素が発生している場合もあります。再点火して繰り返し使 用すると、一酸化炭素中毒事故になる恐れがあります

安全装置が作動した場合のお願い

小型湯沸器は不完全燃焼を起こすと、安全装置が働き燃焼停止します。(安全装置が付いている場合) その際は、カワセガスまでご連絡をお願いします。 小型湯沸かし器はお風呂や洗濯機への給湯やシャワーにご使用しないでください。 お風呂の湯はり・シャワーなど小型湯沸器にホース等を継ぎ足して長時間ご使用になると、室内の空気が汚 染して不完全燃焼を起こす危険性があります。

LPガスの性質

空気より重い
気体のLP ガスは空気より重く家庭などでLP ガスが漏れた時は、床面をはうように広がり、 低い場所にたまる性質があります
においについて
LP ガスは本来においがありません。 ガスが漏れた時にすぐに気づくように、ガス特有のにおいをつけています。
燃焼にはたくさんの空気(酸素)が必要
LPガスは空気中で約1.8%~約9.5%混ざったとき着火源があると燃焼します。
クリーンなLP ガス
LP ガスはCO2 排出量が少なく人体や環境にやさしい燃料です。 LP ガスそのものは炭化水素なので、少量のLP ガスを吸い込んでも無害ですが大量に吸い込むと 意識を失ったり、窒息することもあります。
液化しやすく気化もしやすい
液化プロパンの沸点は-42℃です。室温の状態ではあっという間に気化してしまうのです。

正しく使えば安全で安心

LP ガスを使っているときは、その場から離れないようにしてください。 ガス器具の周辺に、燃えやすいものは置かないようにしてください。

LPガスをお使いのときは必ず「青い炎」か目で確認し、お使いください。赤っぽい炎だと、不完全燃焼をしている炎ですのでご注意ください。 LPガスをお使いになるときは、ガス栓は全開にし、また外出時や就寝前には、ガス栓や器具栓が閉まっていることを確認してください。 使用していないガス栓は必ずゴムキャップを忘れないようにつけてください。 長期間ご使用にならないとき、容器バルブを閉め、当店にご連絡ください。 ガス栓や配管をアースの代わりに使用するは危険ですのでおやめください。

換気のご注意
室内でガス器具を使用する際は、窓を開けたり換気扇を回したり、 ときどき十分に換気をしてください。 小型湯沸器の長時間ご使用はひかえてください。 LPガスが安全に燃えるためには、たくさんの空気が必要になります。 十分に換気が行われないと、室内が酸素不足なったり排気ガスが充 満し不完全燃焼を起こすことで、有害な一酸化炭素が発生するため、たいへん危険です。
ゴム管はときどき点検し早めの交換を
ゴム管はガス栓の赤い線まで差し込んで、ホースバンドでとめてください。 ゴム管は長くしたり、折りまげやねじれになど注意し物かげに通したりはしないで下さい。 また、ネズミがゴム管をかじることがあります。 三つ又は危険なので、絶対に使用しないでください。 ヒビ割れのあるゴム管は使用しないでください。 ヒビ割れによるガス漏れは、石けん水をゴム管に塗り 泡が出ているかで確かめることができます。 泡が出た場合はヒビ割れのおそれがあるためゴム管を交換 してください。また点検後は泡をきれいにふき取ってください。
ガス器具は日頃からお手入れ
Siセンサーコンロ等の目詰まりは不完全燃焼の原因になります。 器具ブラシなどで時々掃除をして下さい。 ガス器具のお手入れでネジ等を取り外す場合ご自分でお手入れは せずに必ず当店へご連絡ください。

ガスのにおいがした場合

ドアや窓を大きく開けて換気をしてください。 ガス機器の使用をやめて、ガス栓やメーターガス栓を閉めましょう。 火気は絶対使用しないでください。着火源となる換気扇、電灯等のスイッチに絶対手を触れないでください。

すぐに当店まで以下の内容をご連絡ください。059-345-1504
お名前・ご住所・電話番号・状況

地震のときの対応

もしガスをご使用中に強い地震(震度5相当以上)が起きたときは、ガスメーターが自動的にガスを しゃ断します。慌てず落ち着いて行動してください。

まず身の安全を確保してください。
揺れがおさまるまで机などの下に身を隠し頭も衝撃を防げるモノで保護してください。 もし、火のそばにいた場合すばやくガス栓と器具栓を閉めて火を消してください。
揺れがおさまったら
火のそばにいない場合地震で揺れているときに火を消すのは危険ですので ゆれがおさまってから、ガス栓と器具栓を閉めて火を消してください。 またメーターガス栓を閉めることによっても火は消せます。
ガス臭がする場合
もしガスくさいときは換気をしていただき、すぐに当店にご連絡ください。 ガスくさくないときはガス栓・器具栓を開いてガスが出ているのを確認出来ればそのままお使い頂けます。 もしガスが出ないときは「マイコンメーターの復帰方法」に従い復帰操作をお願いします。

マイコンメーターの復帰方法

ガス使用中に強い地震(震度5 以上)が起きたときなど、またはガスの流れや圧力などの異常があると 自動的にガスをしゃ断します。マイコンメーターの表示部にしゃ断原因が表示されます。

  • 長時間の使用又は消し忘れたとき
  • LP ガス使用中に地震(震度5 以上)が発生したとき
  • ガスの圧力や流れが低下したとき
  • ゴム管などが外れたとき

  1. 器具栓を全て閉めてください。使っていない元栓も閉まっているかご確認ください。
  2. 左側の復帰ボタンを押してください。「ガス止」の文字が消えます。
  3. 液晶の文字と赤ランプが点滅します。1 分間ほどお待ちください。「赤ランプ」は液晶のものもあります。
  4. 液晶の文字と赤ランプが消えます。復帰完了です。開栓してガスをお使いください。

お引越しの時は

お引越しをされる際には必ずガスのご使用開始/ご使用中止のお手続きが必要です。 ガスをお開けする・お止めする手続きが必要になります。 お引越しの日程がお決まりになられたら、お早めに当社へお申し込みください (受付時間 9:00~17:00)。

お引越しの際のご注意点

ご入居が決まりましたらお早めにご連絡ください。 ご連絡をいただきましたら、翌日以降に伺います。またご入居の際には、ガスのご使用開始の法定安全 点検にお立会いをいただきます。ご入居の日程が決まりましたら、お早めのご連絡をお願い申し上げます。

ご退去が決まりましたら、お早めに、必ず当店へご連絡ください。 退去される旨をご連絡いただきませんとガスを閉栓できません。また退去後の期間のガスの基本料金等を お支払いいただくこととなってしまいますのでどうぞ宜しく御願い致します。

必ず「LP ガス用」のガス器具をお使いください。

当社が供給させていただくガスは「LP ガス」です(都市ガスではありません)。 LP ガスで「都市ガス用」のガス器具を使用するのは大変危険です。 必ず「LP ガス用」のガス器具をお使いください。また、「LP ガス用」のゴムホースはオレンジ色です。

賃貸アパート、マンションにご入居のお客様には、ガス開栓手続き時に10,000 円お預りさせて頂いてい ます。預り金はお客様が退去時に精算し、お客様の銀行口座にご返金させて頂きます。カード、コンビニ 払い等のお客様には銀行口座をお聞きする場合がございます。ご承認下さい。

料金のお支払い

ガス料金と警報器リース代のお支払い方法には次の3種類があります。

  1. 「請求書(払込票)」によるお支払い
    当店で作成した払込票により下記の場所でお支払いいただきます。 当店が指定した「コンビニエンスストア・銀行・信用金庫・農業協同組合・ゆうちょ銀行・郵便局」
  2. 「口座振替」によるお支払い
    当店の口座振替申込書により、当店に申し込んでいただきます。 「口座振替」によるお支払い
    ※お取扱い金融機関については、当店までお問い合せください。
  3. 「クレジットカード」によるお支払い
    当店指定のクレジット支払い申込書(LP ガス料金等クレジットカード支払い申込書)より、 当店に申し込んでいただきます。 ※ガス料金等とはLP ガス料金と警報器リース代のことです。

クレジットカード支払いの仕組み

クレジットカード会社が、お客さまのLP ガス料金等を当店に立替払いし、クレジットカード会社からお客さまへ 請求するお支払い方法です。このマークのあるクレジットカードがご利用いただけます。 (海外で発行されたカードは一部お取り扱いができない場合がございます。)

※クレジットカードご利用にあたって

クレジットカード支払いをご利用いただけるお客さまは、居住を目的とする家庭用の用途でガスをご使用 いただいているお客さま(簡易ガス供給約款と簡易ガス選択約款を適用しているお客さまを含む)です。 カード会社の規約によりガス料金等についてカードでのお支払いが承認されない場合は、当店から直接 請求させていただきます。 お手続きに1か月程度かかる場合があります。 当店ではクレジットカード番号に関するお問い合わせにはお答えできません。

クレジットカード会社からのご案内

ガス料金等がカードご利用限度額を超える場合は、クレジットカード支払いの対象となりません。 クレジットカード会社の締切日と当店の請求日との関係等により、2か月分のガス料金等を一度に請求さ せていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 カード番号、有効期限等が変更された場合は速やかに当店にご連絡ください。